バレンタインで、気持ちを伝える装飾

2月と言えばバレンタインですね。好きな人に想いと一緒にチョコレートを渡す絶好のチャンスです。チョコレートを手作りにするのか購入するのかに注目している方も多いでしょうが、意外と気になるのがチョコレートの包装です。かわいらしいし装飾にするのか、シンプルな装飾にするのか悩みますよね。そんな時は色彩心理学を使ってみると、もっと気持ちが表現できます。例えばレッドは情熱の色です。相手への想いがあふれて止まらないという方はレッドを基調にした包装がおすすめです。イエローはポジティブな色なので、これからもよろしくねといった前向きな気持ちを表現できます。友達や職場の人宛におすすめです。グリーンは癒しや調和を表す色なので、夫婦や家族への包装にいかがでしょうか。気持ちを伝える方法は言葉や文章だけではありません。いろんな形で想いを表現してみるのもいいものですよ。

売り上げを確保するバレンタインの装飾

スーパーなども売り場では、季節事の装飾が行われています。日本では、宗教の縛りが緩く、他宗教への祭りや行事であっても、気にすることなく参加します。バレンタインも、海外から入ってきた行事ではありますが、現代では普通の行事として受け入れられ、多くの人が楽しんでいます。その時期か近づいてくると、何処の店内もバレンタインの装飾で染まります。他店舗も同じようなデザインを選んでくるので、センスが問われます。社員やパートなど関係なく、才能を感じる人材を見つけて、自由にやらすことも大切です。そこには、社員やパートなどという立場ではなく、センスによって、選んでいくようにします。また、アイデアを募集して、採用された人には賞品を出したりすると、普段では上がらないようなアイデアが出てくることもあります。感性によって、期待することができるからです

かわいく目立つバレンタインの装飾

バレンタインの装飾は、チョコレート売り場のほか、ホームパーティーなどで必要になることもあります。どちらの場合も、人目をひくことや、おしゃれな仕上がりになることが好ましいのではないでしょうか。バルーンや紙工作などで飾るほか、ガーランドやバナーのようなものを上部に飾ると、より華やかになります。他のイベントとの違いは、ハートなどバレンタインを連想させるモチーフを使用するところにあります。また、赤やピンクを中心としたカラーリングにすることで、よりバレンタインらしい雰囲気になります。さし色としてゴールドやシルバー、ブラウンなどを使用してもリッチな印象です。必要な材料は、手作りしてもいいですし、時間がない場合には購入して手早く飾ることもできます。イベント専門店や通販などで購入できるほか、100円均一でも多数販売されているので、簡単に手に入ります。